茨城県古河市 真言宗豊山派 徳星寺のご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

真言宗豊山派 徳星寺
[ ホーム » 祐海・何を言うかい » Blog article: 本当の世界?! ]

本当の世界?!

平成12年7月20日

仏教では六道という六つの世界があると言われている。それは、あらゆる責め苦を受けるもっとも苦しい世界の『地獄』、飢えと渇きに苦しめられる世界の『餓鬼』、虫や鳥、魚も含めた動物の世界無知ゆえに苦しみが多くて楽しみが少ない『畜生』、怒りに満ちた闘いの世界の『阿修羅』、苦楽あい半ばする私たちの世界の『人』六つの世界でもっとも安楽を得られる世界の『天』である。

このいずれかの世界に生まれて、死んだら別の世界に生まれ変わる。生まれては死に、生まれては死に、私たちは永遠に生死を繰り返す。その様子がまるで車輪が果てしなく回り続けるようだというので、「輪廻」と呼ばれている。ぐるぐる回ってる六道の世界から飛び出して、永遠の安心を得る悟りへの道・仏の世界へ行こうというのが仏教が始まった起こりである。

地獄とか餓鬼とか実は、そう言う話は嫌いだった。だって、空想の話のようで本当にそのような世界があるの?って思っていたから、しかし、私たちが生きているこの世界は本当に人界だろうか?と思った瞬間、考えが変わった。

自分や周りの人の心、世間では残虐な事件があったり、戦争をしている国もある…ということを考えると、六道の世界はあると思った。ただ人間という着物を着ているだけで、この外見を取り払って中身・魂だけを見てみると、まさしくそこは、六道の世界が存在しているではないか!

八月十七日、徳星寺では毎年「施餓鬼会」を行っている。本来は悪道に落ちて飢餓に苦しんでいる霊を救うため、飲食物を施して供養する法会である。また現在では、餓鬼にとどまらず、先祖の供養や無縁の霊、戦争や事故で亡くなった方の霊を広く供養する法会になっている。今年からは、その供養に加え、今、中身の自分は六道のどの位置にいるか気づく機会にしたい。そして少しでも仏様の心に近づけるよう、悟りへの憧れをもって生活したいものだ。

祐 海 合 掌

 

Copyright© 2018 TOKUSHOUJI, All Right reserved.