茨城県古河市 真言宗豊山派 徳星寺のご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

真言宗豊山派 徳星寺
[ ホーム » 祐海・何を言うかい » Blog article: 幸せのかたち ]

幸せのかたち

平成23年1月1日

悪いことが起きるのは、全部自分が悪いのです。私はただ普通の幸せで良いから、幸せになりたいだけなのに」とおっしゃっている方がいた。私は、普通の幸せって一体何なんだろうと心の中にぽつりと疑問が湧いてきた。

その方は、まるで自分は不幸かのように言う。楽しいことやうれしいことしか人生にないという人はいないのに。何もなくて人生真っ平らなんて人もいないのだ。人それぞれ立場も違うし環境も違う。その中で、人それぞれの悩みや苦しみ、悲しみがあって人生なのだと思う。

そして、自分の命=ほとけ様を感じ、自分は生かされているのだと気づき、感謝しながら毎日を過ごす。これが幸せに繋がっていくものだ『いつも前向きに考える』これだけで日々の生活の中に幸せが生まれてくるのだから…。

◇  ◇

昨年の十二月に小二になる娘の学校で持久走大会があった。前回一年生の時は、どうだった?と聞いた時「ビリじゃないよ。後に先生がいたもん」と答えていた娘。今回も家に帰ってきた時どうだった?と聞いてみた。すると娘は「ビリだった…。でも偉いでしょ!見学者が二人いたんだよ!走らないよりはビリだったけれど最後まで走ったから偉いでしょ!」と言った。常に前向きに考え、くじけないでがんばってる姿は生きるパワーに溢れてると思った。

この間、インフルエンザ予防接種を受けさせるため、小一になる息子を連れて病院へ行った。知的障がいがある息子は、状況理解が出来ないので、怖くて泣いていた。看護婦さん二人と私とで押さえつけて注射を打ってもらった。打ち終わったら泣きながら息子は「みんなありがとう」と言った。何をされているか分からない息子にとって「痛いな~何するんだよ!この野郎!」という言葉でも良かったのに、「ありがとう」という感謝の言葉が出た事に驚いた。

◇  ◇

人の心の不平不満は自分自身が作り出すものまた喜びや幸せと感 じる心も自分自身が作り出すもの。幸か不幸かは自分の心次第。だから、前向きに笑顔で過ごそうではありませんか。仏さまはいつでもあなたを応援しています!

 

祐 海 合 掌

 

Copyright© 2018 TOKUSHOUJI, All Right reserved.