茨城県古河市 真言宗豊山派 徳星寺のご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

真言宗豊山派 徳星寺
[ ホーム » 祐海・何を言うかい » Blog article: 幸せの星 ]

幸せの星

平成14年8月1日

「幸せの星の下の生まれた」と母が私に子供の頃よく言っていた。母は0才の時から小学生頃まで小児喘息で発作がとても苦しく、また元気に外で遊べなくてよく寝ていたそうだ。そんな中でも「私は幸せの星の下に生まれたんだ。だから大丈夫。」と思っていたそうだ。今は「よっぽど自信家だったのかしら」と笑って言ってるけれど。人それぞれ環境が違うので、人と同じ条件での幸せなんてあり得ない。だから、世の中不平等なのかもしれない。しかし、どんな状況下でも、この世に命を授かったという点は全員平等なのである。そう、みんな幸せの星の下に生まれたのは同じである。

しかし普段の私たちは、『ガツガツ・イライラ・ムカムカ』と心が不平不満や怒りばかりで、大切なものを見失ってしまう。せっかく幸せの星の下に生まれたのだから、今ある自分に感謝し、他人を思いやり、普段の生活から手を合わせる心を持ちたいものだ。

 

祐 海 合 掌

 

Copyright© 2018 TOKUSHOUJI, All Right reserved.