茨城県古河市 真言宗豊山派 徳星寺のご案内。

交通案内  ▼サイトマップ

真言宗豊山派 徳星寺
[ ホーム » 祐海・何を言うかい » Blog article: 芽 ]

平成13年8月1日

最近、「お~い、野菜がとれたぞ~」と本堂の裏にある畑から、毎朝住職の声が聞こえます。住職が全て土を耕し種まきから草取り水やりなどやってます。その甲斐あってこの猛暑にも負けず、豊作豊作!毎日たくさん新鮮な野菜が食べれて幸せ~。

私は食べる一方で何もやってないのですが、ふと思いました。畑と人の頭は似てるなと。畑は土を耕して柔らかくして栄養をやってよい土ができる。人の頭も耕して柔らかくしないと堅くなって痩せてしまうな~って。水をやって環境をよくしなければ土はぱさぱさになってしまい、いくら種をまいても実りませんものね。

頭という畑を耕して、新しいことを受け入れられる様に柔らかくし、仏心という芽を育てていきたいなと思いました。

祐 海 合 掌

 

Copyright© 2018 TOKUSHOUJI, All Right reserved.